さとうさんのキロク

生活と雑記と時々ネコ

【雑記】夏の様々なイベントに出かける際の自分の熱中症対策ポイント5つ

猛暑が続きますね。しかし、どうしても行かなければならない。または楽しみでしょうがないイベントに行く際の熱中症対策としてまとめてみました。ただこれは対策でしか無いので、必ずしも熱中症にならないと断定するものではありません。なんで、今この記事を?というのは私も週末超巨大イベントに出かけるからであります!



photo credit: xsix via photopin cc

しかし出かけるにあたって大量にものを持っていくわけにも行きません。ので、最低限として自分が対策する4つのグッズと対策ポイントを書き並べます。。。多分言われんでも知ってるわってことしか書きませんが。

イベントや外出向け熱中症対策( 日常でも使えますけど。)

前日の対策



photo credit: jetalone via photopin cc

お酒を飲み過ぎないようにする。また睡眠は8時間を推奨しますが、最低6時間は寝たほうがいいです。朝食は必ず摂る。内容はパンなどではなく、白米と味噌汁、お茶。あとは好きなおかずをたべる。納豆とか目玉焼きとか鮭とか。海苔や梅干しなんかもあれば推奨です。朝食は一日の重要なエネルギーを生み出します。味噌汁は塩分を摂るために重要です。お茶で水分もしっかり摂りましょう。

当日の衣服による対策



photo credit: Βethan via photopin cc

通気性の良い、即乾燥する服を着る。また、肌着だけでなく更に上に1枚着る。これはビショビショの肌着だけだと見た目も美しくないため。あとは私がオススメするのは資生堂のAg+で無香料のものを。汗臭さは防止しないとね。人多いし。

出発前の持ち物で対策(行く途中のコンビニで用意するでもイイ)



photo credit: Ani-Bee via photopin cc

ウェットティッシュ、フェイスタオル、水またはスポーツドリンク(ポカリスエットがいい。他にはナトリウム40~80mg入りがいいそうだ。)、梅干しか塩飴(塩飴のほうが持ち歩きやすいかもしれません。)、うちわ等の風を起こせるものやモバイルファン女性なら日傘(UVカットの黒がいい。紫外線を吸収します。白は光が跳ね返ります。)。あるなら帽子。また、首に巻ける専用の水で濡らしたタオルや、ネッククーラーは効果大です。首が涼しいのでフラフラになりません。でもぬるくなってきますが。それと冷えピタは気持ちいのですが、熱中症の対策には向かないようです。気持ちいいのですけどね。結局水分はしっかり摂る必要があります。
※追記:某イベントなどでは日傘がNGのところがありますが、移動中などには使えますので持参した方がいいと思います。

移動中、到着後の対策



photo credit: Danny Perez Photography via photopin cc

ちょいちょい水分補給。30分~1時間おきには補給すること。1回1口でいいです。フェイスタオルで汗をしっかり拭く。その後ガリガリ君ウェットティッシュあたりでバッチリ拭いてスッキリ爽快。でもこれも熱中症対策になならない。気分の問題ですがとても大事。できるだけ日陰を歩いて現地に向かいましょう。特に大きなイベント会場は駅からちょっと遠いので。。。男性でも日傘はオススメですが、私はもってません。また、ビールはNGで利尿作用が強いため熱中症を促進してしまいます。それと・・できるだけ一人で行動はしないほうがいいと思います。

日頃の対策



photo credit: faungg's photo via photopin cc

基本的に食生活を正す。カリウム、ビタミンB1、クエン酸をしっかり摂る。カリウムは海苔、じゃがいも、ほうれん草など。ビタミンB1は豚肉、ハム、うなぎなど。クエン酸はみかん、いちご、梅干しなど。この3点の食品をできるだけ一緒に摂る。一緒に取るとうまく吸収してくれるそうです。

熱中症かもって症状



photo credit: Shenghung Lin via photopin cc

異常なくらいの汗、立ちくらみ、めまい、吐き気、ズキンとくる頭痛などです。
このへんが何か1つでも発生したら日陰で即座に休憩した方がいいです。もしくはイベント会場の休憩所やエアコンの効いた建物へ!

まとめ

明日から某巨大イベントが始まりますし、今日は出かけるためのいろいろ準備する方もいると思います。持っていったほうがイイ最低限のアイテムは以下の4種類です。

  • フェイスタオル
  • 水またはスポーツドリンク
  • 梅干しか塩飴
  • うちわ(風が起こせるもの)

この4つが最低限中の最低限持っていったほうがよいもので、コンビニで何とか用意できるシロモノです。現地に付く前に購入することをオススメします。同じくコンビニでいいので、朝食をちゃんと摂ってください。おにぎりとお茶でよいので食べたほうがいいです。(味噌汁があるとなおよし)


熱中症対策を怠り・・・路上で倒れたら・・・暑い暑いアスファルトで体を焼いてしまいますよ!考えただけで恐ろしいです。


以上でだいたい熱中症予防はできるはずです。ただ、日頃からの対策も重要ですのでしっかり食べてしっかり寝て楽しい外出を。
※絶対に熱中症にならない対策ではありませんのであしからず。

資生堂 AG+ パウダースプレー e (無香料) <LL> 180g

資生堂 AG+ パウダースプレー e (無香料) <LL> 180g



名糖産業 塩飴 日本 90g×10個

名糖産業 塩飴 日本 90g×10個

広告を非表示にする